• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ユニバーサル社会の実現に向けた社員マインド醸成施策の実施

ユニバーサル社会の実現に向けた社員マインド醸成施策の実施
ユニバーサル社会の実現に向けた社員マインド醸成施策の実施

【WG③】

日時 通年
場所 全国各地
主催 NTTグループ
来場者数 約1,000名超の社員・関係者が参画
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会と連携し、東京2020大会会場エリアのアクセシビリティ向上に向け、延べ500名の社会人ボランティア・学生・自治体職員とともに計17回のバリアフリー情報収集イベントを開催しました。

 

ユニバーサルデザイン2020行動計画にある「心のバリアフリー研修」について、ガイドラインに則した研修を、2017年度は計20回600名を対象に実施。あわせて、NTTグループ障がい者スポーツ大会(ボッチャ)を開催し、広くユニバーサルデザインマインドの醸成に努めました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

協議会からの
参加者
参考URL http://kyougikai2020.jp/theme2/%E8%AA%BF%E5%B8%83%E5%B8%82%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%90%E6%94%AF%E6%8F%B4/