• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ユニバーサルマナー検定の団体受講

ユニバーサルマナー検定の団体受講
ユニバーサルマナー検定の団体受講

【WG③】

日時 2018年7月19日(木) 10:00~18:00
場所 大日本印刷 市谷左内長ビル1階 多目的ホール(東京都新宿区)
主催 日本ユニバーサルマナー協会
来場者数 78名
実施概要

社内啓蒙の為のプログラム。

 

東京2020大会が掲げるビジョンに謳われた基本コンセプトのひとつである「多様性と調和」の重要性を改めて認識するきっかけづくりとして、日本ユニバーサルマナー協会に出張講義をお願いし、大日本印刷の社員から希望者を募ってユニバーサルマナー検定を団体受講しました。

 

ユニバーサルマナー検定3級の講義では高齢者や障害者への基本的な向き合い方やお声がけ方法を学び、2級の講義では車椅子の操作方法や視覚障害体験、老人体験などの実技を経験した後の解説によって、実感を伴ったバリアフリーへの理解が深まりました。

 

10時から17時まで分刻みのスケジュールで、よく練られたプログラムにより、効率よく講義と実技を体験した後、2級の受講者は検定試験を受け、後日合格者は認定証とカードを受け取ることが出来ました。

 

自社の様々な職場から受講者が集まっており、各自が企画提案や商品開発、サービス提供、職場改善にユニバーサルマナーの気づきを活かすことを期待すると同時に、インフルエンサーとして周囲と対話し、影響し合うことで大日本印刷社員の1人1人が真の共生社会の実現を目指す一員となることを願っています。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

大日本印刷

協議会からの
参加者
6名
参考URL