• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ユニバーサルマナーセミナーを開催

ユニバーサルマナーセミナーを開催
ユニバーサルマナーセミナーを開催

【WG③】

日時 2018年5月11日(金)
場所 厚木市文化会館(神奈川県厚木市)
主催 共催:厚木市、あいおいニッセイ同和損害保険
来場者数 約100名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年5月11日(金)、あいおいニッセイ同和損害保険、厚木市・厚木市商工会議所共催で「ユニバーサルマナーセミナー」を開催しました。

本イベントは、第一部にミライロによる講演「ユニバーサルマナーとは」第2部に当社社員 三宅克己氏(元車いすバスケ日本代表/経営企画部)による講演の2部構成で行われました。

 

会場には、約100名の市民の皆さまにお集まりいただき、手話通訳や字幕が入るなど、様々な配慮が見られました。

 

第一部の「ユニバーサルマナーセミナー」では、今日からできるおもてなしの第一歩として簡単なグループワークを盛り込みながらわかりやすく進められました。

ユニバーサルマナーとは「自分とは違う誰かのことを思いやり適切な理解のもと行動すること」「特別な知識や高度なテクニックは不要。ハードはすぐに変えられないが、ハートはすぐに変えられる」との言葉が印象的でした。

 

第二部の三宅氏の講演では、障がいを負った経緯、車いすバスケットボールの魅力、国際大会出場など海外遠征を通じて感じたユニバーサルマナーについてお話ししました。

車いす操作のパフォーマンスを交えつつ、「障がい者スポーツは、共生社会を考えるための良いツールとなると思っている。実際に観戦することで、勇気や希望、感動等、気づきが得られる。まず、会場で観ていただきたい」と呼びかけました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
参考URL https://www.challenge-support.com/eventreport/177/