• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ユニバーサルデザイン出前授業

ユニバーサルデザイン出前授業
ユニバーサルデザイン出前授業

【WG③】

日時 2018年7月3日(火)~9月21日(金)
場所 杉並区立荻窪小学校を含む5校(東京都杉並区)
主催 LIXIL
来場者数 のべ401名 (12クラス )
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

「衣食住」の“住”にかかわる企業として、子どもからお年寄りまで世界中のひとりひとりが豊かで快適な住生活を送ることをめざす「ユニバーサルデザイン」を子どもたちに伝えます。

 

子どもたちにとって、高齢者や障がい者は遠く自分と違う人たちだと捉えがちです。街や家に施されている身近な「ユニバーサルデザイン」を知ることで、性別、年齢、国籍、障がいの有無などの多様性に関する理解を深め、自分たちができることを考え、行動する力を身に着けるきっかけを提示していきます。

 

<授業内容>

「多様性のある社会と自分」「街や住まいのユニバーサルデザイン」

「耳の不自由な方への伝え方体験」「多機能トイレのユニバーサルデザイン探し」

 

従業員自身が地域貢献活動として取り組むことはもちろん、社会課題と自分の生活の繋がりを伝え、子どもたちが自ら考え行動できるように活動を続けていきます。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

LIXIL

協議会からの
参加者
45名
参考URL