• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

パラワークアートギャラリー展

パラワークアートギャラリー展
パラワークアートギャラリー展

【WG③】

日時 2017年11月8日(水)~11月14日(火)
場所 セコム本社(東京都渋谷区)
主催 1964から2020へつなぐパラワークプロジェクト実行委員会、渋谷区
来場者数
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

▽11月7日にセコム本社ビルにてパラアートギャラリー発表会を実施。本発表会には、作成に携わった渋谷区の中学生、障がい者アーティスト、パラリンピアンが参加し大いに盛り上げました。

 

▽パラワークアート発表会、並びに、ギャラリー展は、「渋谷区の中学生」と「障がい者アーティスト」が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を応戦するために、渋谷で開催が決定しているパラスポーツ(卓球、バドミントン、ウィルチェアラグビー)の3競技にフォーカスし、合作した絵画を展示したものです。

 

▽翌11月8日~14日にかけて、セコム本社ビルショーウィンドウと恵比寿アトレ本館にてパラアートギャラリー展を実施。多くの方が足を止めて想いの詰まった作品を鑑賞されていました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
[会場提供]セコム

[協力]日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、
 障がい者自立推進機構 パラリンアート運営事務局、セコム、
 全国特別支援学校長会、日本郵政

協議会からの
参加者
参考URL https://para-work.net/