• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

パラリンピアン講演会+介助スキルセミナーの実施

パラリンピアン講演会+介助スキルセミナーの実施
パラリンピアン講演会+介助スキルセミナーの実施

【WG③】

日時 2017年10月~2018年2月
場所 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡(合計14回)
主催 東京海上日動
来場者数 合計約1,300名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

障がい者アスリートをお招きして、障がいを越えて挑戦している皆様の講演会を実施。障がいや障がい者スポーツに対する理解を深めました。福岡ではゴールボールの浦田理恵選手、それ以外はパラ陸上の高桑早生選手をお招きしました。

 

これに加えて、介護事業を展開するグループ会社である東京海上日動ベターライフサービスを講師に迎え、障がい者に積極的に声掛けする第一歩を踏み出すことを目的に、実技を交えた介助スキルセミナーを実施しました。

 

この講演会及びセミナーを通じて学んだことを、今後の気づきとした上で、障がい者スポーツ大会の観戦応援や障がいのある方へ声掛けする第一歩となることを目指しています。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京海上日動

協議会からの
参加者
参考URL