• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 西神田エリア

千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 西神田エリア
千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 西神田エリア

【WG③】

日時 7月14日(金)11:00〜17:00
場所 九段下、神保町、水道橋、飯田橋周辺エリア(千代田区)
主催 オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
来場者数 61名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

バリアフリーマップ作成支援では参加者を6チームに分け、トヨタ東京本社前から千代田区九段下、神保町、水道橋、飯田橋周辺エリアのバリアフリー情報の収集活動を実施。主に路面の凹凸や斜度、歩道の幅、多目的トイレ情報等を中心に、情報を収集しました。
情報収集後にはチームごとに、収集したバリアフリー情報や反省点、所感等をまとめ、チーム別の報告会を行いました。また、アテネパラリンピック銅メダリストの杉内周作氏による「心のバリアフリー」講話も合わせて行いました。

 

<カリキュラム>
①パラリンピアン講話(富士通所属 アテネ五輪 水泳 自由形 銅メダリスト 杉内周作氏)
②バリアフリー情報の収集活動
③報告会(調査結果まとめ、チーム別座談会、チーム別報告会)

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
トヨタ自動車、NTT、富士通

協議会からの
参加者
53名
参考URL https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/shogaisha/nichijosekatsu/barrierfreemap.html