• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 皇居外苑①

千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 皇居外苑①
千代田区バリアフリーマップ作成支援 at 皇居外苑①

【WG③】

日時 2017年6月24日(土)9:00〜12:00
場所 千鳥ヶ淵緑道、千鳥ヶ淵周辺歩道、靖国神社歩道、二松学舎大学前歩道(千代田区)
主催 NPO法人 リーブ・ウィズ・ドリーム
来場者数 15名
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

参加者を3チームに分け、九段下駅から千鳥ヶ淵、靖国神社周辺(歩道)のバリアフリー情報の収集活動を行いました。
千鳥ヶ淵緑道エリアを担当したチームは、主に斜度、路面の凹凸を計測。千鳥ヶ淵歩道エリアを担当したチームは、歩道の幅に注力し、情報収集を実施。靖国神社・二松学舎エ大学を担当したチームは、路面の斜度に注力し、情報収集を実施しました。
情報収集にあたっては、車いすに乗りながら、利用者目線で取り組み、チームごとに、リーダー、計測(幅員、斜度)、車いす、撮影、記録の役割を決め、効率良く情報収集を行いました。
情報収集後には、チームごとに、収集したバリアフリー情報や反省点、所感等を報告しディスカッションを実施しました。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
JTB、大日本印刷、トヨタ自動車、パナソニック、富士通

協議会からの
参加者
9名
参考URL http://kyougikai2020.jp