• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

デンソーグループハートフルまつりの開催

デンソーグループハートフルまつりの開催
デンソーグループハートフルまつりの開催

【WG③】

日時 2018年9月16日(日)
場所 デンソー本社(愛知県刈谷市)
主催 デンソー
来場者数 5,174名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

今年で7回目になる社会貢献をテーマにしたイベント

「デンソーグループハートフルまつり」を実施しました。

今回は「多様性の理解」をテーマに、出展者やゲストとの関わりを通して、来場者が自分自身や社会の多様性について考えるきっかけになってほしいという想いをこめて開催しました。

 

メインステージでは、教育評論家 尾木直樹(尾木ママ)氏に「子育ての多様性」、義肢装具士 臼井二美男氏に「障がい者支援におけるモノづくり」についての講演、また臼井氏がプロデュースする義足モデルによるファッションショー「切断ヴィーナス」を開催し、障がいのある当事者の力強い多様な生き方を学びました。

 

また会場内では、ボッチャやスポーツ用義足体験などの障がい者スポーツコーナー、外国籍のお子さんや留学生も多数参加した多文化理解ワークショップなどの企画を実施しました。

NPO法人等約50団体による出展ブースなど、多様な価値観に触れる一日となりました。

 

エンディングでは自閉症、ウエスト症候群(及び自閉症)の二人の発達障がい児の父親で、シンガーソングライターのうすいまさと氏によるトークライブが行なわれ、オリジナルソングで会場が一体感に包まれました。

 

これからも社会課題に関心を持つきっかけとなり、仲間や同志とつながるイベントとして当活動を継続していきます。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

デンソー

協議会からの
参加者
参考URL