• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ジャパンウォーク in TOKYO/2018春 プレイベント ~街のバリアー調査会~

ジャパンウォーク in TOKYO/2018春 プレイベント ~街のバリアー調査会~
ジャパンウォーク in TOKYO/2018春 プレイベント ~街のバリアー調査会~

【WG③】

日時 2018年4月22日(日) 10:00~16:00
場所 豊洲公園周辺(東京都江東区)
主催 ジャパンウォーク2018実行委員会
来場者数
実施概要

障がいの有無や年齢などに関係なく、誰もがバリアを感じない社会の実現を目指すプログラム。

 

今回は5月19日(日)開催予定の「ジャパンウォークin東京/2018春」に向けて、ウォーキングコース上のバリアフリー情報の収集を行いました。
また、メイン会場の豊洲公園がある江東区には、オリパラべニューがたくさん存在しているため、コース周辺のオリパラべニューについて、最寄駅から会場までのアクセスルートの調査も行いました。

 

参加者からは「障がい当事者と一緒に調査することで『あそこ、こっち』などの表現では誘導できないことに気付いた」「車線が多いため横断歩道が長いが、信号の間隔が短かく、車いす利用者にとって渡りづらいと感じた」「調査の前に当事者の話を聞けたことで、調査の意義が理解できた。今後も参加したい」などの声が寄せられ、バリアフリー調査を通じて得た気づきを共有することができました。今後も日本各地でのマップ作成につなげるとともに、心のバリアフリーを全国に広めていきます。

 

心のバリアフリー教育の実践として、街中での危険や制約を把握・情報発信する活動を推進し、誰もが不自由することなく生活を送ることができる。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アサヒビール、JTB、ゼンリン、NTT、パナソニック、富士通

協議会からの
参加者
35名
参考URL https://www.facebook.com/japanwalk.jp/