• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ジャパンウォーク in TOKYOでの車いす体験会

ジャパンウォーク in TOKYOでの車いす体験会
ジャパンウォーク in TOKYOでの車いす体験会

【WG③】

日時 2016年11月23日(祝・水)10:30~13:00
場所 江東区豊洲
主催 朝日新聞社
来場者数 2,000名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

<概要>
学生と社会人がペアになり、交代で車いすに乗り、「車いすで道路を歩く危険さ、不便さ」を体感。今後の、バリアフリーマップ作成推進・支援の原動力に繋げることを目標としました。関東圏の大学を中心に、学生は約40人が参加。経済界協議会からは約60人が参加しました。参加した学生からは「初めて車いすを体験したが、思ったより大変だった。バリアフリーの社会づくりに向け今後も参加したい」との声があがりました。
 
・ジャパンウォーク車いす体験での気づき・今後の取り組みに関する意見交換会
2016年12月2日(金)16:00~17:00 @トヨタ自動車東京本社
 
ジャパンウォークでの車いす体験後、体験をもとにした気づきや、それを今後どう活かしていくのかについて、参加した学生と社会人でディスカッションを実施。参加した学生は、主に「車いすの品質向上」「街のユニバーサルデザイン化」「安全確保」の観点から、積極的に意見交換を行いました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アシックス、JTB、新日鐵住金、ANA、綜合警備保障、大日本印刷、
デンソー、電通、東京海上日動、東京ガス、トヨタ自動車、JAL、NEC、
NTT、野村ホールディングス、JR東日本、日立製作所、日野自動車、
富士通、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、三井不動産、明治、ヤマトHD、LIXIL

協議会からの
参加者
70名
参考URL http://www.asahi.com/sports/events/japanwalk2/japanwalk2.html