• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

ジャパンウォークへのボランティア参加

ジャパンウォークへのボランティア参加
ジャパンウォークへのボランティア参加

【WG③】

日時 ジャパンウォーク in SENDAI 2017年6月17日(土)、
ジャパンウォーク in OSAKA 10月9日(月・祝)
場所 宮城県仙台市、大阪府大阪市
主催 ジャパンウォーク実行委員会
来場者数 約300名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

共生社会を考えるきっかけを目的として2017年6月及び10月にジャパンウォーク(東京2020公認プログラム)が開催されました。〈みずほ〉グループは実行委員として参画しています。

 

【参加状況】
●ジャパンウォーク in SENDAI(2017/6/17)
 ウォーキング参加者:44名、ボランティア参加者:22名
●ジャパンウォーク in OSAKA(2017/10/9)
 ウォーキング参加者:221名、ボランティア参加者:4名

 

当日、ウォーキング参加者はオリンピアン、パラリンピアンとともに仙台や大阪の街を歩いたあと、障がい者スポーツ体験会やアスリートトークショーに参加し、バリアフリーについて考えました。ボランティア参加者は、事前講習会を経て当日は各持ち場で役割を果たしました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
みずほ銀行などみずほフィナンシャルグループ各社

協議会からの
参加者
約300名
参考URL