• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

み~んなでふれあい広場での出店やバザー品提供

み~んなでふれあい広場での出店やバザー品提供
み~んなでふれあい広場での出店やバザー品提供

【WG③】

日時 2017年11月3日(金) 10:00~15:00
場所 阪急池田駅前 てるてる広場
主催 池田市 手をつなぐ親の会
来場者数 約600名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。
 
阪急池田駅前「てるてる広場」において、自閉症の子供を持つ親がバザーなどを出展。ダイハツ工業では、労使共同でバザー品の提供と綿菓子や輪投げの出店を実施しました。

 

他にも飲食店やバザー、子供達が遊べるいろいろな露店もあり、会場は同じ自閉症の子供を持つ家族や友人たちに加え、一般の方々も大勢来場してくれました。笑い声の絶えない、秋の日の楽しいイベントとなりました。

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。
 
<参加企業>
ダイハツ工業

協議会からの
参加者
6名
参考URL