• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「世界自閉症啓発デー」のキャンペーンイベント 「Light It Up Blue」への参加

「世界自閉症啓発デー」のキャンペーンイベント 「Light It Up Blue」への参加
「世界自閉症啓発デー」のキャンペーンイベント 「Light It Up Blue」への参加

【WG③】

日時 2018年4月2日(月)~6日(金)
場所 伊藤忠商事東京本社ビル(東京都港区) 他
主催 伊藤忠商事
来場者数
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

 

4月2~6日、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者への理解促進の取り組みとして、当社と米国法人伊藤忠インターナショナル会社(III)が世界自閉症啓発デーのキャンペーンに参加しました。

 

当社は2015年から当キャンペーンに参加し、伊藤忠青山アートスクエアをライトアップするなどしてきましたが、今年は東京本社1階ロビーとCIプラザ前、ニューヨークのIIIエントランスが、テーマカラーの青になりました。

この趣旨に賛同した伊藤忠グループ会社も青をテーマにした取り組みを実施しました。

 

*青は癒しや希望などを表す色で、自閉症や発達障害の理解促進のためのシンボルカラーです

 

写真1:東京本社1階ロビー。受付の花も青に

 

写真2:IIIでは4月の社内イベントで青いスナックを用意し、青い服で集合!

 

写真3:青山通り沿いの巨大バナー

  4月2日は、東京タワーをはじめ150ヵ国以上の名所が青にライトアップ

 

写真4:伊藤忠テクノソリューションズでは、社員が青いものを身に着けて出社

 

写真5:ADインベストメント・マネジメントの物件がライトアップ

 

写真6:東京本社ビル隣のレクサスインターナショナルギャラリー青山も、展示車などディスプレイが青に

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

伊藤忠商事

協議会からの
参加者
参考URL