• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「ユニバーサルマナー検定」受講を通した社員研修

「ユニバーサルマナー検定」受講を通した社員研修
「ユニバーサルマナー検定」受講を通した社員研修

【WG③】

日時 2017年4月13日(木) 9:30~17:30
場所 アサヒグループ本社ビル内(東京都墨田区)
主催 一般社団法人 日本ユニバーサルマナー協会

アサヒグループホールディングス
来場者数 148名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

障がい者が抱える問題点や心理を学ぶことで、業務の質を向上させることを目的に、グループ社員を対象とした「ユニバーサルマナー検定」の受講研修を実施しました。

 

ユニバーサルマナーの考え方に基づくこの取組みは、グループCSR推進の一環として継続して実施していきます。

 

【検定のねらい】
[3級]:
「多様な方々に向き合い、声をかけられる人になる」「ユニバーサル
マナーとは」「人と人の違いを考えよう」「どんな人が困っているのか」「代表的なお声がけ方法」など基本的な内容に加え、多様な方々の心理状況を考えるワークを実施。

[2級]:
「高齢者・障がい者に心地の良いサポートを実践できるようになる」
 車いすの操作方法など、実践的なサポートとより詳しい知識を学ぶ。

(ステップアップ形式のため、3級取得者が受講)

 

多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
アサヒビール

協議会からの
参加者
参考URL http://www.universal-manners.jp/