• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「ユニバーサルマナー」推進プロジェクト ~ユニバーサルマナーを文化に~

「ユニバーサルマナー」推進プロジェクト ~ユニバーサルマナーを文化に~
「ユニバーサルマナー」推進プロジェクト ~ユニバーサルマナーを文化に~

【WG②】

日時 2017年11月3日(祝・金) 13:00~18:00
場所 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2階 sola city Hall【WEST】(東京都千代田区)
主催 1%(ワンパーセント)クラブ、日本ユニバーサルマナー協会、ミライロ
来場者数 約20名
実施概要

誰もがストレスなく快適に過ごせる環境をつくり、多様な人々が活躍できる社会の実現を目指すプログラム。

 

この度、経団連では企業人が障害者や高齢者への理解を深めて適切に対応する「ユニバーサルマナー」を学び、実践する場を設けました。
 
参加者は、前半の講義で「ユニバーサルマナー検定3級」の講義を行い、ミライロの社員である障害を持つ講師から、高齢の方や障害のある方への適切な対応を学びました。
 
後半の体験では、千代田区社会福祉協議会 ちよだボランティアセンターの協力を得て、車いすで街歩きを行い、会場周辺のバリアフリー情報を専用アプリ「Bmaps」へ登録する活動を行いました。まとめのワークショップでは、各グループで感想と学びを共有するとともに、東京都社会福祉協議会 東京ボランティア・市民活動センターから、今後の活動に繋げるための情報提供が行われました。
 
多くの人が障がい者や高齢者、文化の異なる外国人の状況や苦労を理解し、自ら率先してサポートしている。−そのような社会を、経済界協議会は目指しています。
 

<参加企業>
経済界協議会参加企業 13社

協議会からの
参加者
17名
参考URL http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2017/1123_10.html