• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第38回兵庫県神鍋高原マラソン全国大会におけるボランティア派遣

第38回兵庫県神鍋高原マラソン全国大会におけるボランティア派遣
第38回兵庫県神鍋高原マラソン全国大会におけるボランティア派遣

【WG①】

日時 2018年6月17日(日)
場所 全但バス但馬ドーム(兵庫県豊岡市)
主催 兵庫神鍋高原マラソン全国大会実行委員会、豊岡市
来場者数 約3,700名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

今回で38回目を迎える神鍋高原マラソン大会。

アップダウンは多いですが、高原のさわやかな空気と景色の中でのレースとなりました。5km、10km、ハーフマラソン、ファミリージョギングの

4種目が実施され、晴天の中で多くのランナーが豊かな自然を楽しみながら走り抜けました。

 

経済界協議会では大会の運営ボランティアを派遣し、選手の皆さんを支えました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 

<参加企業>

パナソニック、三井住友海上

協議会からの
参加者
参考URL http://www.kannabe-marathon.jp/