• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

2019 国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会での観戦応援

2019 国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会での観戦応援
2019 国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会での観戦応援

【WG②】

日時 2019年2月15日(金)~17日(日)
場所 丸善インテックアリーナ大阪(大阪府大阪市)
主催 日本車いすバスケットボール連盟、大阪市障害者福祉・スポーツ協会、 大阪市
来場者数 約12,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

今年で17回目を数える、国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会(大阪カップ)が、2月15日(金)~17日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催されました。

2018世界選手権優勝のオランダを筆頭に、同選手権2位のイギリス、オーストラリアの強豪チームが集結し、白熱したゲームが繰り広げられました。日本代表は、3位決定戦でオーストラリアを降し、3位で大会を終えました。

 

また、試合の合間には、車いすバスケットボール体験コーナー、地元チアリーダーによるダンスショー、アーティストによるパフォーマンス、ピカチュウとのグリーティングなどが開催され、会場は大いに盛り上がりました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

ダイハツ工業、TANAKAホールディングス、日本生命、パナソニック、

三菱電機

協議会からの
参加者
約1,800名
参考URL http://www.osakacup.org/