• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

2018日本ゴールボール選手権大会での観戦応援

2018日本ゴールボール選手権大会での観戦応援
2018日本ゴールボール選手権大会での観戦応援

【WG②】

日時 2018年11月17日(土)・18日(日)
場所 足立区総合スポーツセンター(東京都足立区)
主催 日本ゴールボール協会
来場者数 約1,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

その年のクラブチームのチャンピオンを決める国内最高峰の大会。

男女各予選会を勝ち抜いた成績上位の男子チームと女子チームの日本一をかけた戦い。

 

行内およびグループ内で観戦を呼び掛けたところ、17日と18日の2日間で総勢111名の役職員が参加しました。

 

参加者の機運醸成のためTシャツ及びスティックバルーンを配布し、大会の盛り上げに寄与できたと思います。

 

競技内容を知らない参加者に対してのフォローなど、スポーツ観戦を通じたコミュニケーション深耕の効果もあったと思います。

 

試合に関しては、男女ともに白熱した戦いでした。特に18日の最終日はDJのアナウンスもあり、試合の臨場感をより感じることができました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

SMBC信託銀行

協議会からの
参加者
111名
参考URL http://www.jgba.jp/index.html