• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

2018年全国障がい者オープンバドミントン交流大会 観戦・応援

2018年全国障がい者オープンバドミントン交流大会 観戦・応援
2018年全国障がい者オープンバドミントン交流大会 観戦・応援

【WG②】

日時 2018年11月10日(土)・11日(日)
場所 宮城野体育館(宮城県仙台市)
主催 宮城障害者スポーツ協会、仙台市障害者スポーツ協会
来場者数 約300人
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

本大会は、バドミントン競技の競技力の向上を図るとともに、2020年東京パラリンピック大会に向けて、ジュニア層も対象とした優れた素質を持つ選手を掘り起し、バドミントン競技の普及と発展を図ることを目的として開催され、2日間の大会期間中、ミックスダブルス(10日)、シングルス・男女別ダブルス(11日)の各競技が行われました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

大成建設

協議会からの
参加者
1名
参考URL http://www1.odn.ne.jp/sdsa/index.html