• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

2017 パナソニック 復興支援スポーツふれあい授業 in 南相馬市・塩竈市

2017 パナソニック 復興支援スポーツふれあい授業 in 南相馬市・塩竈市
2017 パナソニック 復興支援スポーツふれあい授業 in 南相馬市・塩竈市

【WG①⑥】

日時 2017年6月17日(土)・18日(日)
場所 福島県南相馬市、宮城県塩竈市
主催 パナソニック
来場者数 約160名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

復興支援のため6月17日(土)に南相馬市の子どもたち約80名と、また6月18日(日)には塩竈市の子どもたち約80名と「スポーツふれあい授業」を開催。本授業は、スポーツを通じて次代を担う子どもたちの夢や未来の可能性を応援していこうという企画で、「東北の子どもたちに夢を届けたい」というパナソニックの想いと、被災地の方々の想いが繋がり実現しました。今回も、当社企業スポーツチームのバレーボール部(パンサーズ)とラグビー部(ワイルドナイツ)の2部よりスタッフや選手たちが現地に赴きました。

 

授業ではバレーボール、ラグビーの体験をしてもらう「笑顔の部」、選手と子どもたちが夢や未来を語る「未来の部」、選手たちと一緒に食事をする「絆の部」の3部で構成。南相馬市では「ふれあいの部」として写真撮影会やサイン会を実施しました。また、塩竈市では参加者全員による交流会としてアジャタ(玉入れ)を実施。子どもたちと選手たちは、各イベントで1日を楽しみました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします。

 

<参加企業>
パナソニック

協議会からの
参加者
参考URL https://panasonic.co.jp/sports/rugby/report/2017/170621125800001.html