• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

2017ジャパンパラボッチャ競技大会in武蔵野市の観戦応援

2017ジャパンパラボッチャ競技大会in武蔵野市の観戦応援
2017ジャパンパラボッチャ競技大会in武蔵野市の観戦応援

【WG②】

日時 2017年11月19日(日)
場所 武蔵野総合体育館(東京都武蔵野市)
主催 日本障がい者スポーツ協会
来場者数 1,000名以上
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

世界トップレベルのボッチャ大会を観戦し、障がい者スポーツの魅力を感じることでその普及につなげていきます。

 

2017年11月18日(土)・19日(日)武蔵野総合体育館において、ジャパンパラボッチャ競技大会が開催されました。強豪国を招いての大会ということもあり、2日間で1,000名を超える来場者になりました。

 

経済界協議会としては、11月19日(日)に観戦応援を行いました。15時から開催されたチームBC1-2では、リオパラリンピック決勝を再現するカードとなりました。
 
両チーム同点となり、タイブレークにもつれ込む熱戦。最後は日本が競り勝ち、大変盛り上がった試合になりました。東京オリンピックでこのような試合が見られると思うと今から楽しみです。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。
 

<参加企業>
アサヒビール、アシックス、JTB、大日本印刷、TANAKA HD、
東京海上日動、東京ガス、トヨタ自動車、NEC、パナソニック、
ブリヂストン、みずほフィナンシャルグループ、
三井住友フィナンシャルグループ、三菱電機

協議会からの
参加者
172名
参考URL http://www.jsad.or.jp/japanpara/news/171120_001344.html