• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

「ふくしま野球・ソフトボールドリーム beyond2020 ボールパークピクニック!」でのボッチャ体験会

「ふくしま野球・ソフトボールドリーム beyond2020 ボールパークピクニック!」でのボッチャ体験会
「ふくしま野球・ソフトボールドリーム beyond2020 ボールパークピクニック!」でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年6月24日(日)
場所 県営あづま球場(福島県福島市)
主催 福島県
来場者数 約200名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

福島県は、2020年に福島県内で開催される東京オリンピック野球・ソフトボール競技の機運醸成を図るとともに、県内の子どもたちが未来に夢を育む事業として、楽天野球団等とともに未就学児を対象とした親子野球教室をはじめ、さまざまな体験を開催しました。

 

経済界協議会では、普段接する機会の少ないパラスポーツを気軽に楽しんでもらうことを目的にボッチャ体験会を実施、お子様やご家族連れなど約70名に参加していただきました。

 

参加者のほとんどがボッチャ初体験でしたが、ボッチャのシンプルなルールに加え、戦略を考える競技としての奥深さに多くの親子連れが夢中になり、コートは沢山の笑い声であふれていました。

楽天イーグルスのマスコットキャラクターのスイッチくんも子どもたちと一緒にボッチャを楽しんでくれました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

電通、電通テック、NEC

協議会からの
参加者
4名
参考URL