• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

~ギフチョウの里~ 第43回ひだ金山清流マラソンでのブラインドサッカー体験

~ギフチョウの里~ 第43回ひだ金山清流マラソンでのブラインドサッカー体験
~ギフチョウの里~ 第43回ひだ金山清流マラソンでのブラインドサッカー体験

【WG①②】

日時 2018年11月4日(日)
場所 下呂市金山リバーサイドスポーツセンター(岐阜県下呂市)
主催 下呂市
来場者数 100名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

第43回を迎える本マラソン大会は、全国的にも有名な市民参加型マラソン大会のひとつです。

清流馬瀬川沿いを走る自然豊かなコース、美しい山々、爽やかな秋の風を感じながらのランニングが魅力の大会です。

経済界協議会では、昨年に引き続きブラインドサッカー体験の実施を通して大会を盛り上げました。

 

当日は朝からあいにくの小雨でしたが、マラソン大会に参加した約100名の子どもたちが、走る前と走った後に体験コーナーに来てくれました。

アイマスクで目隠した状態で、ボールの音を頼りに位置を確認したり、的に向かって蹴ったりする体験を通して、選手のプレーがどれほどすごいのかを実感していただきました。

 

当日は地元の商工会青年部のみなさんが運営に参加してくださり、経済界協議会のメンバーと一体となって体験コーナーを運営しました。

その他、ボルダリングやスラックライン、ストラックアウトなど、市からの依頼を受け、商工会や地元団体などが運営するコーナーも今年から登場し、大会を盛り上げました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京海上日動、NEC

協議会からの
参加者
2名
参考URL