• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

高山市民スポーツフェスティバルでのボッチャ体験会

高山市民スポーツフェスティバルでのボッチャ体験会
高山市民スポーツフェスティバルでのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年10月7日(日) 10:00~12:00
場所 飛騨高山ビッグアリーナ(岐阜県高山市)
主催 岐阜県高山市、高山市スポーツ推進委員会、高山市体育協会
来場者数 800名(内ボッチャ体験:85名)
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

高山市では、障がい者がスポーツに触れるきっかけづくりに取り組んでおり、昨年のボッチャ体験教室での好評を受けたことにより、今年度から「ボッチャ」を高山市スポーツ推進委員の活動の中で取り入れています。

今年も高山市民フェスティバルにてボッチャ体験会を実施し、ボッチャの楽しさや面白さを知ってもらう機会を提供しました。

 

経済界協議会では、来場されたお客さまに楽しく体験いただくように高山市のスタッフ約20名の方々と一緒に体験会の運営を行いました。

 

参加者の中には高山市の小学生が多数いる中で、車いすをご利用の方にも参加いただき、ボッチャを体験することでパラスポーツ理解を深め、

東京2020パラリンピック大会をさらに楽しんでいただけるような体験会になるよう工夫に努めました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京海上日動、JAL

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://www.city.takayama.lg.jp/events/1000047/1003909.html