• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

香川県丸亀市 パラアスリート講演会

香川県丸亀市 パラアスリート講演会
香川県丸亀市 パラアスリート講演会

【WG②】

日時 2018年12月16日(日)
場所 丸亀市綾歌総合文化会館 アイレックス大ホール(香川県丸亀市)
主催 丸亀市
来場者数 約320名
実施概要

第38回市民の集いの中で、障がい者アスリートによる講演、パラスポーツ体験会を提供するプログラム。

 

今回は、丸亀市総務部人権課がパラスポーツを通じて人権意識を学ぶことを狙いとして開催し、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会が協力として支援させていただきました。

経済界協議会として、あいおいニッセイ同和損保所属の松元卓巳選手(デフサッカー日本代表)を派遣し、講演を行いました。

 

講演では「音のない世界で伝わるもの」と題し、松元選手の障害特性、障害により不便に感じたこと、サッカーとの出会い、いかに努力してきたかなど、多岐に渡るステージでの話をされました。

最後は皆さんにお伝えしたいこととして、松元選手より「心のバリアフリーの意識を持っていただきたい」、「障がいを持つ方々には声をかけていただきコミュニケーションをとっていただきたい」といったことが伝えられました。来場された市民の皆さまは、頷きながら、あるいはメモをとりながら熱心に耳を傾けておられました。

 

ところどころで、松元選手が客席に入り、市民の皆さまと双方向でコミュニケーションをとる姿が印象的で、活気の溢れる講演となりました。

 

<丸亀市のコメント>

今回は、大変お忙しいところ丸亀まで来ていただいてありがとうございました。

講演会では、「デフリンピック」や「デフサッカー」のことを初めて知った参加者も多く、自分自身も障がいについて知らないことがたくさんあるということに気づきました。

松元さんの「障がいは個性」と考え、自分に自信を持って夢に挑戦していく姿にとても感銘を受け、また、スポーツを通じて、活躍できる場や、熱中できるものを持つということは、障がいの有無にかかわらず生きていく上で、とても大切なことだと感じました。

今後も丸亀市は人種・障がいの有無などの違いを理解し、互いに認め合う共生社会いわゆる「ユニバーサル社会」の実現に向けた取り組みを進めていきたいと思います。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
2名
参考URL https://www.city.marugame.lg.jp/itwinfo/i33199/