• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

車いすテニスの世界選手権大会「NECマスターズ」の開催

車いすテニスの世界選手権大会「NECマスターズ」の開催
車いすテニスの世界選手権大会「NECマスターズ」の開催

【WG②】

日時 2017年11月29日(水)~12月3日(日)
場所 イギリス ラフバラー大学テニスセンター
主催 国際テニス連盟(ITF)
来場者数
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

車いすテニスの世界選手権大会「NECマスターズ」は、国際テニス連盟(ITF)が主催する国際車いすテニスツアー(世界約40カ国で150以上の大会開催)の集大成として、シングルス(男子、女子、クアード)の当該年度の世界チャンピオンを決定する大会です。NECは、障がい者のスポーツ振興と社会参加支援を目的に、1994年に開催された第1回大会から継続して協賛しています。

 

今回の大会は、日本から上地結衣選手が出場し、3日の女子シングルス決勝戦でオランダのディーダ・デ グロート選手に敗れるも、準優勝を果たしました。

 

NECとITFの車いすテニスに関するパートナーシップは1992年に車いすテニスツアーに協賛して以来、2018年に27年目を迎えます。年齢・性別・国籍・障がいの有無などに関わりなく、誰もが社会の一員として安全・安心に暮らせるユニバーサル社会の実現に向け、NECは今後も障がい者スポーツを応援していきます。

 

<参加企業>
NEC

協議会からの
参加者
参考URL http://jpn.nec.com/press/201711/20171121_01.html