• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

豊洲 ユニバーサルフェスタ ―みんなのチャレンジ!―

豊洲 ユニバーサルフェスタ ―みんなのチャレンジ!―
豊洲 ユニバーサルフェスタ ―みんなのチャレンジ!―

【WG②③】

日時 2017年10月28日(土)・29日(日)
場所 がすてなーにガスの科学館、
新豊洲Brilliaランニングスタジアム(東京都江東区)
主催 東京ガス
来場者数 約1,500名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

本イベントは、東京ガスが東京2020大会のオフィシャルパートナーとして、大会1000日前に合わせて開催しました。

 

28日は、オープニングセレモニーにおいて東京2020大会で初の競技種目となった空手とパラテコンドーの演舞が披露された後、小学生12人がオリンピアン・パラリンピアンとともに障がい体験等を行いレポートする「子ども記者体験」が行われました。
29日には、為末大氏他4名のゲストをお招きして「誰もが生き生きと暮らす2020年以降の東京〜ユニバーサルな街のコミュニティ・デザインとは〜」と題したトークセッションを開催。この他、豊洲桟橋を出航し、水上バスで臨海エリアをめぐる約90分の特別クルーズ、来場者それぞれのチャレンジをボードに掲出する「チャレンジ宣言」、ユニバーサル社会に向けて様々な取り組みを行っている企業の紹介、障がい者スポーツ体験、ウィルチェアーラグビーミニトークショー、障がいのあるミュージシャンによる音楽ライブなどが行われました。
また、他社様にご協力をいただき、各社のユニバーサルな取り組みをご紹介いただきました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京ガス、凸版印刷、NEC、NTT、パナソニック、JR東日本、LIXIL

協議会からの
参加者
参考URL https://www.tokyo-gas-2020.jp/event/event004-171028.html