• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

草津市 パラアスリートに挑戦!パラスポーツ体験会への運営ボランティア派遣

草津市 パラアスリートに挑戦!パラスポーツ体験会への運営ボランティア派遣
草津市 パラアスリートに挑戦!パラスポーツ体験会への運営ボランティア派遣

【WG②】

日時 2017年10月9日(祝・月) 9:00~17:00
場所 草津市立総合体育館
主催 主催:特定非営利活動法人アイ・コラボレーション、後援:草津市
来場者数 90名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

10月9日(月)草津市立総合体育館にて、パラスポーツの体験会が開催されました。ツインバスケットボール・車いすアメフト・ボッチャの体験会、障がい者体験(視覚障がい体験、車いす体験)迷路、視覚障がい者マラソン 近藤寛子選手による講話及びマラソン体験会、4DisabilitysやDJによるライブ等が実施され、経済界協議会では体験会の運営補助を担当しました。

 

地域の子供達などと一緒にパラスポーツを体験すること、また地域のツインバスケットボールの選手やボッチャの選手と交流することで競技に対する理解が深まると共に、応援したいという気持ちが強くなるパラスポーツ体験会でした。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。—そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
パナソニック、ブリヂストン

協議会からの
参加者
8名
参考URL https://www.nionet.jp/nionet/kouza.php?mode=detail&kzi_no=21143