• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第43回上総国一宮まつりでのボッチャ体験会

第43回上総国一宮まつりでのボッチャ体験会
第43回上総国一宮まつりでのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年9月8日(土) 13:00~18:00
場所 上総一ノ宮駅東側 県道一宮停車場線 (千葉県長生郡)
主催 上総国一宮まつり実行委員会
来場者数 約2,000名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくるとともに、障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2020年の東京オリンピックでサーフィンの会場となっている千葉県一宮町で、「第43回上総国一宮まつり」が開催されました。上総十二社祭りの宵祭として始まった「上総おどり」などが繰り広げられる、伝統あるお祭りです。上総一ノ宮駅東側の県道にはたくさんの屋台が並び、多くの人で賑わいました。

 

経済界協議会では、2020年に向けた機運醸成と普段接する機会の少ないパラスポーツを町民の皆さんに気軽に楽しんでもらうことを目的に、ボッチャ体験会を実施しました。

 

お祭りに来ていた町民の皆さん115名が体験。ほとんどがボッチャ初体験でしたが、ボッチャの面白さに多くの方がハマり何度もチャレンジしていただきました。ボッチャを知るだけではなく体験することで、スポーツとしての楽しさを実感していただくことができました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

SMBC信託銀行、ANA、NEC

協議会からの
参加者
4名
参考URL