• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第4回富士河口湖町コミュニティフェスタ(まちフェス)でのボッチャ体験会

第4回富士河口湖町コミュニティフェスタ(まちフェス)でのボッチャ体験会
第4回富士河口湖町コミュニティフェスタ(まちフェス)でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年7月15日(日) 10:00~15:00
場所 富士河口湖町役場 1階 コンベンションホール(山梨県南都留郡)
主催 第4回富士河口湖町コミュニティフェスタ(まちフェス)実行委員会
来場者数 約200名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

富士河口湖町では、住民が主体となって地域を活性化させることを目的としたイベント「富士河口湖まちフェス」が毎年開催されています。

今回は町民にパラスポーツをもっと知ってもらいたいという思いから、体験ブースが設置されました。

 

経済界協議会では、普段接する機会の少ないパラスポーツを町民のみなさんに気軽に楽しんでもらうことを目的に「ボッチャ体験会」を実施。子供からお年寄りまで、208名の町民の皆さんに体験していただきました。

参加者のほとんどがボッチャ初体験でしたが、ボッチャのシンプルなルールに加え、戦略を考える競技としての奥深さに多くの親子連れが夢中になっていました。

 

当日は、富士河口湖町のスポーツ推進委員の皆さまにも運営にご協力いただき、体験会を盛り上げていただきました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。―そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東武トップツアーズ 、NEC

協議会からの
参加者
2名
参考URL