• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第37回大分国際車いすマラソン大会の観戦応援

【WG②】

日時 2017年10月29日(日) 10:00~
場所 大分市内、大分市営陸上競技場(大分市)
主催 大分県、 日本障がい者スポーツ協会、日本パラリンピック委員会、日本パラ陸上競技連盟、大分市、大分合同新聞社、大分県社会福祉協議会、大分県障がい者体育協会
来場者数
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

本大会は1981年から毎年開催されている、国内外のトップ選手が出場する世界最大・最高峰の車いす単独のマラソン大会です。選手はカーボン等を使用し軽量化された競技用車いす「レーサー」にて、腕の力のみでフルマラソン、ハーフマラソンを走ります。
 
昨年は海外14カ国から44名、国内31都道府県から186名、計230名の選手が出場しました。本年も世界ランク1位のマルセル・フグ選手を始めとする国内外トップ選手がエントリーしており、最高記録は60kmを超えるとも言われるスピード感あるレースが期待されています。

 

すべての人がスポーツを楽しむことができる日本を一緒に目指しましょう。多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

※写真は2016年大会時のものです。

 

<参加企業(予定)>
ANA、富士通グループ

協議会からの
参加者
参考URL http://www.kurumaisu-marathon.com/