• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第29回 国際交流車いすテニス大会(2018 PEACE CUP) 観戦応援

第29回 国際交流車いすテニス大会(2018 PEACE CUP) 観戦応援
第29回 国際交流車いすテニス大会(2018 PEACE CUP) 観戦応援

【WG②】

日時 2018年10月25日(木)~28日(日)
場所 広島広域公園テニスコート(広島県広島市)
主催 広島県車いすテニス協会
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

10月25日~28日に広島県で、第29回 国際交流車いすテニス大会が開催されました。

この大会は、車いすテニスを通じ身体障害者と健常者及び、身体障害者相互の理解を深め、技術、精神力の向上を図るとともに、社会参加に対する意欲を大いに喚起し、平和都市広島から世界に平和と友好の和を広げることを目的としています。

 

競技種目は、男子・女子・クァード(四肢麻痺の重度障がいの選手のクラス)のシングルスとダブルスに加えて、国内大会のジュニアはシングルスが実施されました。

選手には競技技術に加え、車いすの操作性が求められ、相手の体やラケットの向きから予測して、いち早く動き出すチェアワークに会場の多くの観客が魅了され、応援していました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

NEC、ブリヂストン

協議会からの
参加者
7名
参考URL http://www.bbbn.jp/~rommel/