• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第26回宮城県・仙台市障害者スポーツ大会 陸上競技大会への運営スタッフの派遣

第26回宮城県・仙台市障害者スポーツ大会 陸上競技大会への運営スタッフの派遣
第26回宮城県・仙台市障害者スポーツ大会 陸上競技大会への運営スタッフの派遣

【WG②】

日時 2018年5月20日(日)
場所 宮城県総合運動公園宮城スタジアム(宮城県宮城郡)
主催 宮城県、仙台市、宮城県障がい害者スポーツ協会、

仙台市障がい害者スポーツ協会 他

来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

5月20日、宮城県総合運動公園宮城スタジアム(愛称:ひとめぼれスタジアム宮城)にて「宮城県・仙台市障害者スポーツ大会 陸上競技大会」が開催されました。仙台市障害者スポーツ協会様より経済界協議会へ大会運営協力のご依頼をいただき、選手との交流を通じた障がい者への理解促進およびパラスポーツの盛り上げにつなげたいという思いから、運営スタッフを派遣しました。

 

経済界協議会では、仙台在住のメンバーが参加し、表彰(メダル授与)の支援を行いました。表彰を受けた選手の輝しい笑顔に、スポーツが持つチカラを実感することができました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
キヤノンマーケティングジャパン、近畿日本ツーリスト、

東武トップツアーズ、 NEC、三菱電機

協議会からの
参加者
9名
参考URL http://mpsa.jp/sports_fes.html