• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第21回 夏パラバレーボール選手権大会への参加及び観戦応援

第21回 夏パラバレーボール選手権大会への参加及び観戦応援
第21回 夏パラバレーボール選手権大会への参加及び観戦応援

【WG②】

日時 2018年8月4日(土)・5日(日)
場所 台東リバーサイドスポーツセンター(東京都台東区)
主催 日本パラバレーボール協会
来場者数 約1,000人(両日合計延べ人数)
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

「夏パラバレーボール選手権大会」は、今年で21回目を迎えるシッティングバレーボールの夏季大会です。昨年までは全国親善交流大会として白馬で開催されていましたが、今年は台東区での開催となり、全国各地より男子19チーム、女子8チームが出場して激闘を繰り広げました。

 

野村ホールディングスは2015年より日本パラバレーボール協会をスペシャルトップパートナーとしてサポートしています。
昨年に続き野村社員による「チームNOMURA」が試合に参加し、記念すべき初勝利をあげました。また、2日間で約100名の社員や家族などが会場に訪れ、「チームNOMURA」は勿論のこと、他のチームや選手にも温かい声援を送りました。

 

当日はテレビや新聞などのメディア取材も多く入り、シッティングバレーボールの魅力を多くの方々に知っていただく良い機会となりました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

野村證券、野村ホールディングス

協議会からの
参加者
約100名
参考URL https://www.parasapo.tokyo/schedule/7117