• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第18回全日本パラ・パワーリフティング選手権大会の観戦応援

第18回全日本パラ・パワーリフティング選手権大会の観戦応援
第18回全日本パラ・パワーリフティング選手権大会の観戦応援

【WG②】

日時 2017年12月17日(日) 10:30~17:30
場所 日本体育大学 世田谷キャンパス記念講堂(東京都世田谷区)
主催 日本パラ・パワーリフティング連盟
来場者数 600名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。
 
2017年12月17日(日)に日本体育大学 世田谷キャンパス記念講堂において、全日本パラ・パワーリフティング選手権大会が開催されました。今年の最後を締めくくる国内最高峰の大会となります。IPC公認の大会ということもあり、600名を超える来場者となりました。

 
経済界協議会のメンバーであるパナソニックの協力で会場前方にはキューブ型のライトが設置され、選手の名前紹介、主審、副審の判定結果が遠くからでも色で判別できるようになっていました。また、会場内にはDJ TAKU選曲のBGMが流れ、前方スクリーンでは選手紹介や競技中の選手がバーベルを上げるところがアップで映し出されるなど、楽しんで観戦できる工夫が多くみられました。
 
最後まで選手一人ひとりに観客から熱い応援と拍手が送られ、活気のある雰囲気の中で試合が進みました。日本最高峰の試合にふさわしく、4個の日本新記録が作られ、多くの観客がパラ・パワーリフティングに魅せられた大会となりました。
 
障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。
 
<参加企業>
オットーボック、東京ガス、パナソニック

協議会からの
参加者
37名
参考URL http://jppf.jp/index