• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第17回 大阪国際車いすテニストーナメントの観戦応援

第17回 大阪国際車いすテニストーナメントの観戦応援
第17回 大阪国際車いすテニストーナメントの観戦応援

【WG②】

日時 2017年9月24日(日)
場所 靱テニスセンター
主催 大阪車いすテニス協会
来場者数 約1,000名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

今年で17回目を数える、大阪国際車いすテニストーナメント(おおさかオープン)が、大阪市靱(うつぼ)テニスセンターで9月21日(木)~24日(日)の日程で開催されました。

 

経済界協議会では、24日(日)の決勝戦の観戦応援を各社に呼びかけ、地元大阪から300名を超える観戦者が会場に足を運び、大会を盛り上げました。  

 

当日の参加者は「車いすテニスの観戦は初めて」という方が多くいらっしゃいましたが、『車いすテニスかんたんガイド』(日本障がい者スポーツ協会発行)を配付したり、観戦中の基本的なマナーをお伝えするなどして、観戦が初めての方でもルールを理解して楽しんでいただけるような工夫を盛り込みました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
日本生命、NEC、パナソニック

協議会からの
参加者
342名
参考URL http://www.owta.jp/osakaopen/