• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第16回アクサブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権の観戦応援

第16回アクサブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権の観戦応援
第16回アクサブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権の観戦応援

【WG②】

日時 2017年7月1日(土)・2日(日)、23日(日)
場所 1日・2日 みなとみらいスポーツパーク(神奈川県横浜市)
23日 アミノバイタルフィールド(東京都調布市)
主催 日本ブラインドサッカー協会
来場者数 1日・2日(横浜)949名(2日間合計)、23日(調布)1,189名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

TANAKA HDは、 2017年4月より日本ブラインドサッカー協会への協賛を開始し、2017年4月に発足したブラインドサッカー女子日本代表チームにスポンサーとして支援をしています。また、ブラインドサッカー紹介パネルや小冊子を作成し、小冊子は全従業員へ配布しました。

 

ブラインドサッカー女子日本代表チームは、2017年5月に開催された国際視覚障害者スポーツ連盟(以下、IBSA)主催の初の女子選手を対象とした国際大会「IBSA女子ブラインドサッカートーナメント2017(オーストリア・ウィーン)」において、優勝を果たしています。

 

TANAKA HDでは、2017年7月に開催された第16回アクサブレイブカップ日本選手権の予選ラウンドとファイナルラウンドに約50名(2日間合計)の社員が参加し、大会を大いに盛り上げました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
TANAKA HD

協議会からの
参加者
参考URL http://www.b-soccer.jp/