• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第3回信州安曇野ハーフマラソンでの運営ボランティア

第3回信州安曇野ハーフマラソンでの運営ボランティア
第3回信州安曇野ハーフマラソンでの運営ボランティア

【WG①】

日時 2017年6月4日(日)
場所 豊科南部総合公園(安曇野市)
主催 信州安曇野ハーフマラソン実行委員会
来場者数 5,600名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

残雪の北アルプスと田畑を潤す清らかな水、澄んだ空気に囲まれながら開催される「信州安曇野ハーフマラソン」。
大会コンセプトを「安曇野 FUN RUN~人と自然で安曇野流おもてなし~」とし、参加者にはハーフマラソンとともに、安曇野市の「水」「食」「文化」「人」を楽しんでいただきました。

 

経済界協議会からは運営ボランティアスタッフを派遣し、ホストタウンとして、2020年に向けた気運醸成を目指す安曇野市の活動に貢献しました。

 

<運営ボランティア内容>
・スタート・フィニッシュ会場内での完走者対応
(完走記録証発行・お渡し)
 
・完走賞副賞の準備(スポーツドリンク、米等)

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>
NEC

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://azumino-marathon.com/