• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

第1回JAL向津具ダブルマラソンへのアスリート派遣

第1回JAL向津具ダブルマラソンへのアスリート派遣
第1回JAL向津具ダブルマラソンへのアスリート派遣

【WG①】

日時 2017年6月11日(日)
場所 山口県長門市油谷総合運動公園(長門市)
主催 むかつくダブルマラソン実行委員会
来場者数
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

第1回JAL向津具(むかつく)ダブルマラソンが、2017年6月11日(日)に山口県長門市で開催されました。

 

この大会は、風光明媚で神秘的な向津具(むかつく)半島において起伏の激しいコースにトライし、走破する喜びを実感し、健康の増進を図ることを目的としています。

 

「ダブルマラソン」という名前は、フルマラソン2倍の距離のダブルマラソン競技を実施することと、84.39kmと42.195kmの2つのマラソン競技を行うということ、2つの意味から名付けられました。

 

<アスリート派遣について>
柏原竜二
1989年7月13日、福島県生まれ。福島県立いわき総合高等学校、東洋大学を卒業し、富士通へ入社。東洋大学時代に箱根駅伝で三度の総合優勝に貢献し、4年連続5区区間賞を獲得すると同時に、4年次には主将としてチームを優勝に導いた。2017年3月31日をもって引退。

 

柏原さんは大会前日の開会式・交流会へ出席し、選手・関係者への激励や写真撮影・サイン会を実施しました。
大会当日は、スタート前のオープニングセレモニーでのエール・上り坂での併走・コース上での選手への応援・閉会式でのプレゼンターを行い、大会の盛り上げに貢献しました。

 

日本全国のスポーツ・健康イベントへのサポートを通して、スポーツに触れ合うきっかけや継続的に行う仕組みをつくり、スポーツ気運醸成と心身の健康を促進したい。−多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業>
アシックス、富士通

協議会からの
参加者
5名
参考URL http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/soshiki/31/15265.html