• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

笛吹市 第4回笛吹市民まつりでのボッチャ体験会

笛吹市 第4回笛吹市民まつりでのボッチャ体験会
笛吹市 第4回笛吹市民まつりでのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2017年10月14日(土) 11:00~20:00
場所 笛吹市清流公園・スコレーセンター
主催 笛吹市民まつり実行委員会
来場者数 311名(スポーツ体験コーナーのみの来場者数)
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

「笛吹市民まつり」は、山梨県笛吹市(ふえふきし)の市制施行10周年を記念して平成26年から始まりました。たくさんの方に笛吹市の良さをもっと知ってもらうために、笛吹市の「今」を発信するお祭りで、第4回目となる今年のテーマは「ハロウィン」!仮装をした子供たちも多数、ボッチャ体験コーナーに参加してくれました。
 
当日は雨も心配されましたが、なんとか小雨程度にとどまり、屋内剣道場に設置されたボーリングダーツやスポーツ吹き矢のコーナーに混じり、経済界協議会がボッチャ体験コーナーを運営しました。

 

屋外に設置された地元特産のフードコーナーや、ハロウィン向けのランタン作りコーナー、仮想コンテストなどに参加した地元市民の方々が来場。特に子供連れの家族を中心に総勢150名を超える方々にボッチャの楽しさを体験していただくことができました。

 

当日は協議会参画会社の支社、グループ会社から運営ボランティアのお手伝いをいただくとともに、笛吹市のスポーツ推進委員の方々も一緒に運営を担っていただき、ボッチャの魅力に目覚めていたようです。
 
障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京ガス、NEC

協議会からの
参加者
参考URL https://ja-jp.facebook.com/fuefuki.citizen.fes/