• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福岡県身体障害者体育大会でのボッチャ体験会、大会運営スタッフの派遣

【WG②】

日時 2018年4月29日(日)
場所 福岡市東平尾公園 博多の森陸上競技場
主催 福岡県、福岡県教育委員会、福岡県社会福祉協議会ほか
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

▽東京2020大会のホストタウンであり、RWC2019の開催都市である福岡市で「福岡県身体障害者体育大会」が開催されます。本大会は身体障がい児者がスポーツに参加することを通じて、スポーツに親しみ、喜びとともに、体力の維持・推進を図り、身体障がい児者の自立と社会参加、県民の身体障がい者に対する理解促進に寄与することで、障がい者スポーツの普及・進行を目的としています。経済界協議会では、ボランティアとして大会運営に協力すると共に、大会の盛り上げとパラスポーツの理解を目的に、ボッチャ体験会を実施します。

 

▽大会運営ボランティア

 選手誘導及び移動の補助、競技用具の準備、選手への飲料水の提供など、大会の運営に協力します。

 

▽ボッチャ体験会

パラリンピック正式競技であるボッチャの理解はもちろん、スポーツとして気軽に楽しんでもらうことを目的に、実際に体験してもらうコーナーを用意します。子供からお年寄りまで、障害がある人もない人も、みんなが気軽に楽しめるボッチャ。

当日参加もOKですので、ぜひみなさんも体験しに来てください!

 

障がい者スポーツを体感し、その楽しさを一緒に広めていきましょう!多くの皆様のご参加・ご支援をよろしくお願いします!

 

<参加企業(予定)>
 NEC

協議会からの
参加者
参考URL