• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

福岡法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 福岡市内小学校

福岡法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 福岡市内小学校
福岡法務局 人権教室でのボッチャ体験会 at 福岡市内小学校

【WG②③】

日時 2018年2月8日(木) 8:45~15:45
場所 福岡市内小学校
主催 福岡法務局
来場者数 200名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

福岡法務局主催で実施する、福岡市内小学校向け人権教室で小学5年生の児童のみなさんを対象に、ボッチャ体験を実施しました。

 

ほとんどの児童のみなさんが「ボッチャは初めて」という状態でしたが、すぐにルールを理解し、チームで協力しながら真剣にボッチャに取り組んでいました。
 
体験中は大きな歓声がやむことなく、多くの児童のみなさんから、「ボッチャ楽しかった!」という感想を語ってくれました。

 

また、福岡法務局・福岡ボッチャクラブの協力で、車椅子に乗って投球したり、利き手とは異なる手を使ったり、さらには「ランプ」を使ったデモ&体験なども盛り込んだり、障がいの有無にかかわらず一緒に楽しめるスポーツであるということを体感していただきました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業(予定)>
住友商事九州、トヨタ自動車、トヨタ自動車九州、NEC

協議会からの
参加者
7名
参考URL