• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

社内納涼祭におけるパラリンピック競技体験イベント

社内納涼祭におけるパラリンピック競技体験イベント
社内納涼祭におけるパラリンピック競技体験イベント

【WG②】

日時 2018年8月3日(金)
場所 キヤノン下丸子本社(東京都大田区)
主催 キヤノン
来場者数 約500名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年8月3日、キヤノン下丸子本社で開催した納涼祭(社員とその関係者や地域住民との交流を目的としたイベント)において、パラリンピック競技の体験会を行いました。

 

当日は、車いすバスケットボール、ブラインドサッカー、ボッチャの3種目の体験コーナーを設け、社員とその家族のべ約500名が参加し、会場は大いに盛り上がりをみせました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

キヤノン

協議会からの
参加者
約500名
参考URL