• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

狭山市でのボッチャ体験会

狭山市でのボッチャ体験会
狭山市でのボッチャ体験会

【WG②】

日時 2018年10月13日(土) 14:00~
場所 新狭山公民館ホール(埼玉県狭山市)
主催 狭山市
来場者数 25名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

オリンピックのゴルフ競技の会場となる狭山市では、今夏、2年前イベントを開催するなど、大会機運の醸成に向けた取り組みを行っています。

今回は、パラリンピック競技のボッチャを通じて、アダプテッド・スポーツとは何かを知っていただくことを目的とした体験会を狭山市が主催し、経済界協議会ではその運営サポートをしました。

 

当日は事前に応募された市民約20名が、小学生の子供から元気なお年寄りまで、家族や友人同士で参加されました。

ボッチャの名前は知っていたけど全員が初めて体験する中、チームに分かれてミニゲームを行い、どんどんその魅力にのめり込み、大きな歓声が上がっていました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ、2020年のパラリンピック大会では、競技会場を観客で満員にしたい。そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

東京ガス、NEC

協議会からの
参加者
2名
参考URL https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/event/sports/para-botya.html