• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

横浜市 500Days To Go! フェスティバルでのブラインドサッカー体験

横浜市 500Days To Go! フェスティバルでのブラインドサッカー体験
横浜市 500Days To Go! フェスティバルでのブラインドサッカー体験

【WG②】

日時 2019年3月16日(土) 10:00~17:00 (協議会ブースは、11:00~15:00)
場所 新横浜公園一帯(神奈川県横浜市)                  (協議会ブースは、横浜国際総合競技場東ゲート広場)
主催 横浜市
来場者数
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

横浜市は、2019年3月を東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた盛り上げキャンペーン期間とし、さまざまなイベント・広報を行い、大会の機運醸成を行うこととしています。

 

当該イベントは、そのコアイベントとして開催されました。

オープニングセレモニーでは、経済界協議会としてNECから1名登壇し、

市長にご挨拶を行いました。

 

オリンピックのサッカー競技会場である横浜国際総合競技場をはじめとする5会場で、横浜市と大会スポンサー等が連携し、サッカー体験、パラスポーツ体験など、未来を担う子どもたちが楽しめるイベントを開催しました。協議会は、ブラインドサッカー体験会を実施しました。ご家族連れがひっきりなしに訪れ、賑わいました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

オットーボック・ジャパン、TANAKA HD、NEC、パナソニック

協議会からの
参加者
7名
参考URL https://tokyo2020.city.yokohama.lg.jp/event_20190301/