• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

松山市 2017愛媛大学スポーツシンポジウムでのパラスポーツコンテンツ体験会

松山市 2017愛媛大学スポーツシンポジウムでのパラスポーツコンテンツ体験会
松山市 2017愛媛大学スポーツシンポジウムでのパラスポーツコンテンツ体験会

【WG②】

日時 2017年11月29(水) 15:00~16:30
場所 愛媛大学 城北キャンパス メディアホール
主催 愛媛大学社会共創学部 愛媛県
来場者数 50名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。
 

愛媛大学はスポーツイベントのレガシーを未来につなげていくために、愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会に関わり多様な交流を創出したレガシーを活かし、スポーツイベントに関する知見を持つ有識者の方々と、スポーツと関わることに興味のある人、スポーツを通じた地域活性化に興味のある人との交流を深めるシンポジウムを開催しました。
 
当日のプログラムは、経済界協議会と学生ボランティアが一体となり、シンポジウム参加者にボッチャの説明と体験会を実施しました。

 

愛媛県職員、市職員、市民、学生、等、約50名が参加し、ボッチャのルールや競技の楽しさ奥深さを体験していただきました。今後ボッチャが普及していくためのポイントなどをお伝えすることで、参加者の興味が広がり、スポーツシンポジウムの盛り上げに貢献しました。

 
障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 
<参加企業>
富士通

協議会からの
参加者
3名
参考URL http://nv.pref.ehime.jp/data/html/201700000090/chirashi.pdf