• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京2020大会はもう目前!2年前記念イベント in 神奈川へのパラアスリート派遣

東京2020大会はもう目前!2年前記念イベント in 神奈川へのパラアスリート派遣
東京2020大会はもう目前!2年前記念イベント in 神奈川へのパラアスリート派遣

【WG②】

日時 2018年8月25日(土)
場所 テラスモール湘南(神奈川県藤沢市)
主催 神奈川県・藤沢市
来場者数 9,500名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

この週末はパラリンピック2年前として各地がイベントで賑わいましたが、東京2020大会でセーリング会場となる神奈川県と藤沢市の共催で2年前記念イベントが開催されました。

 

経済界協議会では、イベントの「神奈川ゆかりアスリート×つるの剛士さん×鈴木市長(藤沢市)トークショー」のステージに、パラリンピアン元車いすバスケットボール日本代表 三宅克己さん(あいおいニッセイ同和損保所属)を派遣しました。

 

三宅選手はトークショーの中で車いすバスケットボールの魅力や全日本チームの活躍ぶりのほか、東京2020大会への思いを熱くお話しされました。

トークショーの後は、藤沢観光親善大使であるつるの剛士さんの車いすバスケットボール体験をリードして、集まった方々にその楽しさと魅力についてお伝え頂きました。

そして最後には3点シュートをばっちり決め、会場の皆さんから大きな歓声が上がりました。

 

障がい者スポーツを応援する文化を根付かせ2020年のパラリンピック大会では競技会場を観客で満員にしたい。-そのような未来を経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保、東京ガス、NEC

協議会からの
参加者
参考URL http://www.pref.kanagawa.jp/docs/x3t/prs/r2756452.html