• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京都アスリート・キャリアサポート事業 「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」へのアスリート派遣

東京都アスリート・キャリアサポート事業 「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」へのアスリート派遣
東京都アスリート・キャリアサポート事業 「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」へのアスリート派遣

【WG①】

日時 2018年7月5日(木)
場所 中央大学 多摩キャンパス(東京都八王子市)
主催 東京都
来場者数 120名
実施概要

すべての人がスポーツに親しむ機会をつくり、健康で豊かな生活を送ることができる社会の実現を目指すプログラム。

 

2018年7月5日、中央大学多摩キャンパスにて、東京都アスリート・キャリアサポート事業「第1回就活スキルアップセミナー&先輩アスリートとの交流」が開催され、あいおいニッセイ同和損保所属横山亜依選手(女子サッカー/広報部)が登壇しました。

このセミナーは東京都が主催、多摩地区の大学コンソーシアム協力により開催され、あいおいニッセイ同和損保へのアスリート派遣依頼を受け、実現に至りました。

当日は、中央大学の運動部に所属する学生を中心に、近隣の大学からも合わせて約120名が参加しました。

 

「先輩アスリートとの交流」では、当社所属の横山選手をはじめ、マラソン競技で世界陸上などでも活躍された藤原 正和氏、平昌オリンピックにも出場しショートトラック3000mリレーで6位に入賞した齋藤 仁美氏の3名が登壇し、下記のテーマをもとに約1時間学生と交流しました。

 

<横山選手の講演テーマ>

①就職を意識したのはいつごろか

②トップを目指すうえで、限られた時間をどのように有効活用しているか

③仕事をしていて競技に活きたこと、また競技をしていて仕事に活きたこと

④学生時代にしておいてよかったこと、しておきたかったこと

⑤仕事や競技で失敗をして悩んだ時の打開策

 

就職について、横山さんは女子サッカー界の現状を説明したうえで、「競技と仕事を両立させなければならない私たちにとって、勤務時間等、理解のある職場で働けることはとても大事なことです。時短勤務のため、時間内で少しでも成果をあげられるように工夫しています」と述べました。

また、藤原氏と齋藤氏は学生時代にしておきたかったこととして「英語の勉強」と答え、国際大会に参加した際にコミュニケーションで苦しんだ経験をもとに、学生にアドバイスをしました。

 

競技と仕事のふたつの世界で活躍するアスリートとの交流は、参加した学生にとって貴重な時間になったのではないでしょうか。

 

全国各地に、健常者・障がい者・高齢者などすべての人がスポーツを楽しむことができる場所が溢れ、アスリートや指導者と出会う機会にも恵まれている。また、障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。-そのような社会を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>

あいおいニッセイ同和損保

協議会からの
参加者
5名
参考URL https://www.challenge-support.com/eventreport/187/