• スポーツ
  • バリアフリー
  • 日本の魅力
  • 復興・次世代育成

東京海上日動名古屋地区でのスポーツ大会

東京海上日動名古屋地区でのスポーツ大会
東京海上日動名古屋地区でのスポーツ大会

【WG②】

日時 2017年6月25日(日)
場所 名古屋ガイシホール体育館(愛知県名古屋市)
主催 東京海上日動
来場者数 約630名
実施概要

障がい者と健常者がスポーツを通して交わることで、真の共生社会の実現を目指すプログラム。

 

2017年6月25日、東京海上日動の名古屋地域の社員、家族が参加し、スポーツ大会を開催。その中で、障がい者スポーツを体験する取り組みとして、ボッチャとブラインドサッカーの体験コーナーを設けました。
 
参加者は、ボッチャは初めてという人がほとんどでしたが、「ボールをどこに投げるかを考えるため、頭脳戦になって面白かった」等の声があがり、チーム対抗で盛り上がりました。
ブラインドサッカーを体験した子どもからは、「真っ暗で怖かったけれど、ボールの音を頼りに何とかドリブルができた。機会があったらまた挑戦してみたい」との声があがり、非常に有意義な取り組みとなりました。

 

これらのスポーツを実際に「体験する」ことで、障がい者スポーツの奥深さや、多様性への理解を促しました。

 

障がい者スポーツの楽しさを多くの人々に伝え、障がいがある人もない人も、一緒に気軽にスポーツを楽しむことが日常化している。−そのような未来を、経済界協議会は目指しています。

 

<参加企業>
東京海上日動

協議会からの
参加者
参考URL